兵庫県神戸市中央区御幸通4-2-15-4F

AMHとは??

*
TOP >  事務局ブログ > AMHとは??

AMHとは??

「AMHって何ですか?」とよく質問されます。

AMHを測る病院が増えてきましたが、AMHとは何のことか知らないと誤解や間違いやすい原因になりますので説明します。

AMHとは、アンチ・ミューラリアン・ホルモンの略。一言でいうと「育ち始めの卵胞から分泌されるホルモン」です。血中AMH値が原子卵胞(卵巣内で待機している卵胞)や育ち始めの卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられています。つまり、原子卵胞が少なくなっていると、AMHの値も低くなります。

 

 

AMHをお話する前に卵胞の成長のことをお話したいと思います。

卵胞は、原子卵胞から中期胞状卵胞に成長するまで約半年以上かけて大きくなっていきます。原子卵胞から中期胞状卵胞まで育つまでに出されるものがAMHです。

つまりAMHとは、今育っている卵はこれだけありますよという信号であとどれだけ卵子が残っているかを厳密に測っているものではありません。

 

AMH

 

 

またAMHについてですが、以下のように考えられます。

 

そもそもAMHとは卵巣の中にあるこれから育っていく卵胞から分泌されるホルモンです。原始卵胞が少なくなってくると、AMHの値が低くなります。つまりAMH値が高いとこれから育つ卵胞が、卵巣内にまだまだたくさんある状態。値が低いと卵胞が少なくなってきている状態と考えられます。

 

また卵子の質とAMHは全く関係なく、むしろ卵子の質は年齢に左右されるケースがほとんどです。

 

 

最近早期閉経の方が増えており、よくご相談に来られますが、ほとんど卵管や子宮に問題はなく年齢も若いのにAMHが低いだけで体外受精や強い薬を使っているケースがよく見られますが、年齢が若ければ卵子の質自体は悪くないので身体作りをしていけば妊娠できる可能性は十分にあります。

 

 

実質AMH0.0の方が妊娠された例もあります。

これは結局、原子卵胞で残っていたものがありこれが育ってきたので妊娠ができたということです。

 

病院でAMHが低いと言われ、すぐにでも体外受精が必要だと言われて、自分では何も感じていないのにどんどん治療が進んでいく不安感を抱えながら治療をされている方が多くおられます。

 

 

 

 

最後に大切なことをまとめると、

 

・AMHは上がることはありません。

・AMHと卵子の質や妊娠力とは関係ありません。(卵巣年齢が40歳だからといって卵子の質が40代ということではありません。)

・AMHが低いからと言ってストックされている卵子が完全になくなっているわけではありません。

 

 

一回一回の排卵が大切になってきますので身体作りをしっかりとしていきましょう。

 

 

子宝カウンセラーの会では、妊娠しやすい身体つくりのためのアドバイスを常に行っています。また妊娠中の養生も妊活の方には重要なことなので、欠かさず行うようにしています。

 

 

詳しいご相談は是非、お近くの子宝カウンセラーの会、会員店に行ってみて下さい!

 

 

 


関連ページ ~おすすめ記事~


秋は妊娠しやすい季節!?
10月になり、涼しく過ごせる季節になりました。「秋」と聞いてどのようなイメージがありますか?「読書の秋」「スポ […]
受精のプロセス~受精には糖鎖が必要!?
「妊娠」するためには、排卵→受精→着床というプロセスが必要です。 以前のブログで「妊娠の条件」を書いたことがあ […]
梅雨時期は体調を崩しやすい??身体の水毒を排泄しよう!
6月になり、毎年梅雨の季節がやってきます。雨がよく降りますので、洗濯物は乾きにくく、湿度が上がりジメジメした天 […]
春は妊娠しやすい??体内時計を整えよう
桜が咲き始め春を迎えています。妊活にとって季節ごとの過ごし方も変わってきます。「『春』は妊娠しやすい!」という […]
無精子症の治療について
「卵子だけでなく精子も老化する」「不妊の原因は女性だけではなく、男性にも考えられる」などが周知されるようになっ […]