兵庫県神戸市中央区御幸通4-2-15-4F

受精のプロセス~受精には糖鎖が必要!?

*
TOP >  事務局ブログ > 受精のプロセス~受精には糖鎖が必要!?

受精のプロセス~受精には糖鎖が必要!?

「妊娠」するためには、排卵→受精→着床というプロセスが必要です。

以前のブログで「妊娠の条件」を書いたことがあります。

・良い卵子ができること

・良い精子ができること

・子宮内膜がふかふかで血液循環が良好であること

 

参考ブログ「妊娠力と卵子の質の関係とは?」

http://www.kodakara-c.com/blog/archives/714

 

 

 

上記の3つが妊娠するために必要ですが、今回は「受精」に焦点を当ててみたいと思います。

約180日かけて卵子は育ちます。卵巣の中で主席卵胞と呼ばれる選ばれた卵子が排卵され、卵巣を飛び出し卵管膨大部というところで精子を待ちます。自然妊娠では、射精された精子が子宮、卵管を通過して卵子の待つ卵管膨大部にたどりつき、卵子をみんなで取り囲み、外側の殻である透明帯を溶かす酵素を出す頭部を卵子にくっつけ透明帯を溶かし、どれか1個の精子が卵細胞膜内に突入して受精が行われます。

余談ですが、卵子は0.1mmほどあり体の細胞の中で最も大きい細胞ですが、精子は卵子に比べて全長でも0.06mmしかなく肉眼ではまず見ることは出来ません。卵子はギリギリ肉眼でも見ることができる大きさだそうです。もし精子が私たち人の大きさだとしたら、

射精された精子が受精する卵管膨大部までの距離はどれくらいになるでしょうか?なんと日本から地球の裏側であるブラジルまでの距離に相当するそうです。本当に元気な精子でないとたどりつけないわけですね。受精には精子の力が重要です。

 

 

 

子宮イラスト

 

話を戻します。卵子の外側にある透明帯の主成分は、糖タンパク質(タンパク質に糖鎖が結合したもの)です。全ての細胞に「糖鎖」が存在します。

糖鎖について

→参考ブログ「妊娠と糖鎖」

http://www.kodakara-c.com/blog/archives/261

 

 

生殖細胞の精子と卵子は、それぞれが持つ糖鎖によって細胞間コミュニケーションをとりながら受精します。精子と卵子、どちらかの糖鎖に異常があると受精障害を起こす可能性があります。糖鎖はタンパク質と結合した糖タンパク質の状態で卵細胞表面に広く分布し、精子の受容体として、受精に大きく関与しています。糖鎖異常を起こしていると受精できなくなります。

「妊娠したい!と思ったらすぐ読む本-妊娠しやすい体づくりから高度不妊治療まで」

著者:美馬博史 出版社:海竜社より抜粋

 

 

 

体外受精をする方の中でも受精障害でうまく受精できないこともよくあります。自然妊娠でもうまく受精できているかどうかは確認できません。受精をスムーズにすることも妊娠への近道だと考えます。

当会推奨品のたんぽぽ茶「ショウキT-1」は、主成分が糖鎖(T-1エキス)です。糖鎖を補充することで受精にも着床にも関わってきます。また身体のホルモンバランスを整えることで良い卵子を作り妊娠しやすい身体作りに役立ちます。

 

 

 

 

子宝カウンセラーの会では、妊娠しやすい身体つくりのためのアドバイスを常に行っています。また妊娠中の養生も妊活の方には重要なことなので、欠かさず行うようにしています。

詳しいご相談は是非、お近くの子宝カウンセラーの会、会員店に行ってみて下さい!

 


関連ページ ~おすすめ記事~


秋は妊娠しやすい季節!?
10月になり、涼しく過ごせる季節になりました。「秋」と聞いてどのようなイメージがありますか?「読書の秋」「スポ […]
梅雨時期は体調を崩しやすい??身体の水毒を排泄しよう!
6月になり、毎年梅雨の季節がやってきます。雨がよく降りますので、洗濯物は乾きにくく、湿度が上がりジメジメした天 […]
春は妊娠しやすい??体内時計を整えよう
桜が咲き始め春を迎えています。妊活にとって季節ごとの過ごし方も変わってきます。「『春』は妊娠しやすい!」という […]
無精子症の治療について
「卵子だけでなく精子も老化する」「不妊の原因は女性だけではなく、男性にも考えられる」などが周知されるようになっ […]
冬は意外と痩せやすい??妊娠と肥満について
全国的に寒い季節になってきました。もうすぐクリスマスですね。クリスマスまでに痩せたい!と思う女子は多いのでは? […]