兵庫県神戸市中央区御幸通4-2-15-4F

「不妊治療助成金の制度が変わります。」

*
TOP >  事務局ブログ > 「不妊治療助成金の制度が変わります。」

「不妊治療助成金の制度が変わります。」

カウンセリングをさせて頂いた際に患者様より多くご質問頂く事があります。
 
「体外受精ってどれ位お金がかかりますか?」
「成功率ってどれくらいですか?」
「何歳まで大丈夫でしょうか?」
 
 
「不妊治療」の方法はいくつかありますが、そのひとつに「体外受精」があります。
 
 
精子と卵子を体外で受精させ、受精卵を体内に戻す方法で、「不妊治療」のステップのひとつとして一般的になってきました。実際に多くの方が、体外受精で子宝を授かっています。
ですが、体外受精も確率は100%ではありません。100%でない要素は多々ありますがそのひとつに「高齢であること」が上げられます。年齢が上がり高齢になればなるほど卵子も老化し、妊娠がむずかしくなり、治療費用が高額になっていきます。
 
平成28年4月1日から、厚生労働省で定める「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の対象範囲が変わります。特定治療支援事業とは、体外受精・顕微授精などの特定不妊治療費に対して助成金が受けられる制度です。現行制度では、不妊治療を受ける妻の年齢制限はなく、1回の治療につき15万円もしくは7万5000円を上限に助成を受けられます(上限はその都度医師の指示による治療区分により決定)。助成を受けられる回数は通算5年で10回までです(都道府県によって上乗せしている場合あり)。
 平成28年度からの新制度では、助成金額の変更はないものの、対象年齢が43歳未満になります。また、初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が39歳までは通算6回、40歳から42歳までは通算3回に変更となります。このため43歳以上の方や、現行制度から治療を継続されていて、既に6回もしくは3回の助成金を受けている方は、平成28年度以降の助成対象から外れることになるのです。(日経BPネット2015年12月10日掲載分より抜粋 http://www.nikkeibp.co.jp/atclmon/15/80010/121000023/
 
厚生労働省ホームページより(制度改正周知用ポスター)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11908000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Boshihokenka/0000039732.pdf 
体外受精
 
「卵子の老化」が顕著に現れる35歳での体外受精の成功率は17%となり40歳で7%、45歳になるとその成功率は0.6%と1%も無いという残念ですが厳しい現実と直面する事となります。
 しかし現代医学の力だけでなく東洋医学の力を借りることで妊娠率が明らかに高くなるというデータがあります。東洋医学とは漢方薬・漢方食品・鍼灸・温灸・カッサなど当会でお勧めしていることです。
 また1人で悩まずにカウンセリングを受けることで妊娠率が28%上がるというデータもあります。当会でいつもお話する「妊娠しやすい身体づくり」のための生活習慣を見直すということです。
 
不育症新聞記事
 
「私は大丈夫かな?」「妊娠できるのかな?」「自分の身体なのに、良くわからない症状がある
とちょっとでも不安や疑問がある場合は一度「子宝カウンセラー」にご相談下さい。
 
子宝カウンセラーの会では、妊娠しやすい身体つくりのためのアドバイスを常に行っています。また妊娠中の養生も妊活の方には重要なことなので、欠かさず行うようにしています。
 
 
詳しいご相談は是非、お近くの子宝カウンセラーの会、会員店に行ってみて下さい!


関連ページ ~おすすめ記事~


youtubeチャンネルを開設しました!
たくさんの会員様からの御要望にお答えして、大阪・東京で開催しております当会の研修会の様子をチョットだけ動画配信 […]
当会推奨商品の御紹介動画が届きました!
愛されて20年 たんぽぽ茶ショウキT-1は医療機関でもご利用いただいています。ver2   &nbs […]
秋は妊娠しやすい季節!?
10月になり、涼しく過ごせる季節になりました。「秋」と聞いてどのようなイメージがありますか?「読書の秋」「スポ […]
受精のプロセス~受精には糖鎖が必要!?
「妊娠」するためには、排卵→受精→着床というプロセスが必要です。 以前のブログで「妊娠の条件」を書いたことがあ […]
梅雨時期は体調を崩しやすい??身体の水毒を排泄しよう!
6月になり、毎年梅雨の季節がやってきます。雨がよく降りますので、洗濯物は乾きにくく、湿度が上がりジメジメした天 […]